MENU

男性用育毛剤は女性も使えるのか?

男女共用の育毛剤であれば、性別による使用の制限はありません。

 

これに対して男性用育毛剤と指定されている場合は、女性が使用するのは避けてください。

 

スキンケア用品を例にしても、男性用と女性用は分けられているでしょう。

 

そもそも肌の性質が異なりますので、女性が男性用を使用するのは得策ではありません。

 

もし使用しても重度の肌トラブルが起こる状況にはなりにくいですが、合わなければ本来のメリットを発揮できません。

 

頭髪に関しても男女では頭皮環境が異なり、男性は皮脂分泌が多いのに対して、女性は乾燥してサラサラしている傾向があります。

 

薄毛になる原因においても、男性は男性ホルモンの影響、女性は間違ったヘアケアや生活習慣が関係していることが多いです。

 

女性は男性ホルモンが過剰に産生される状態にはなりにくく、男性用育毛剤を使用してもあまり意味がないのです。

 

また男性用は高刺激タイプが多いので、女性が使用すると頭皮状態が不安定になる可能性があります。

 

女性向けには女性用育毛剤が販売されているので、それを使用するようにしてください。

 

育毛剤は育毛を促進するのが目的ですが、合わないものを使用すると薄毛を進行させることがあります。

 

特に医薬品に分類される男性用育毛剤は、女性が使用するのは避ける必要があります。"

男性用育毛剤と女性用育毛剤の違い

男性用育毛剤は過剰な皮脂や汚れを除去する作用が強く、オイリーな頭皮の男性にぴったりです。

 

男性の薄毛はほとんどがAGAであり、男性ホルモンや脱毛酵素が薄毛の引き金になっていますが、ほかにも頭皮状態が関係しています。

 

頭皮がオイリーな状態は、毛穴にも皮脂が詰まっていることが多いです。

 

皮脂がワックスのように毛穴をふさぐと、正常な毛髪の成長を妨げてしまうのです。

 

そのため男性用育毛剤は老廃物の排出を促進したり、皮脂分泌を抑えたりする作用を持ったものが多く見られます。

 

女性用育毛剤は化粧水のような役割を持っており、頭皮の乾燥を解消して正常肌に変えるのが目的です。

 

女性はもともと薄毛になりにくい体質であり、ほとんどの薄毛は正しいヘアケアをすれば改善します。

 

ただ頭皮が敏感な女性だと正しいヘアケアを実践していても、びまん性脱毛症を招いてしまうケースがあります。

 

薄毛は髪自体に問題があって生じるのではなく、頭皮のトラブルに該当するわけです。

 

特に女性の薄毛に関しては皮膚疾患の一種と捉えられているため、女性用育毛剤で十分な保湿と栄養供給をしていく必要があります。

 

男性用育毛剤は刺激が強く、女性が使用すると頭皮が荒れる可能性があるので注意してください。

男性用育毛剤の種類

男性用育毛剤の種類は少なくとも50を超えています。

 

その多くが医薬品または医薬部外品に属しており、化粧品タイプの育毛剤、つまり頭皮の保湿や健康維持を目的にしたものは少ないです。

 

医薬品は第一類〜第三類まであり、数字が小さくなるほど効き目が強いと考えてください。

 

市場に出回っている医薬品の育毛剤は、ほとんどが第二類と第三類です。

 

第一類はミノキシジルを配合した育毛剤のみが認められています。

 

育毛剤と呼ばれるものはすべて外用タイプであり、経口タイプの医薬品に関しては該当しません。

 

男性用育毛剤は市販されているもの、育毛サロン限定の商品、医療機関でのみ購入できるものに分類されます。

 

市販品の育毛剤のなかで、第一類医薬品は薬剤師の説明・許可を受けなければ購入ができません。

 

育毛サロンの育毛剤は医薬部外品または化粧品のみで、医薬品は取り扱いしていないです。

 

医療機関でもらえるタイプは、市販・サロン版よりも強力な作用があります。

 

例えば市販品で認められるミノキシジルの最高濃度は5%ですが、医療機関では5%を超える濃度の販売が可能です。

 

そのため市販のミノキシジル5%の育毛剤を半年使用して効果を得られなかった方が、医療機関の育毛剤を使用するというケースが多いです。

女性用育毛剤の種類

女性は男性のような重度の薄毛にはなりにくいですが、頭皮を保護する化粧品としての育毛剤は数多く販売されており、その数は男性用を超えるほどです。

 

女性用にもミノキシジルを配合した第一類医薬品の育毛剤がありますが、男性用は5%までの含有を認められているのに対して、女性用は1%が上限です。

 

これは女性の薄毛が比較的軽症であり、男性のように地肌がツルツルになるケースが少ないためです。

 

女性用育毛剤は多くは医薬部外品であり、一部に化粧品が含まれています。

 

医薬部外品の育毛剤に含まれる成分では、カンゾウエキスやヒオウギエキスなどが多いです。

 

これらは女性ホルモンに近い性質があり、頭皮のホルモンバランスを調整するのに役立ちます。

 

周りの女性と比べて体毛が濃いという女性は、男性ホルモンの分泌が多いのかもしれません。

 

こうした女性は女性男性型脱毛症のFAGAの発症率が高くなるため、男性ホルモンを適正値まで抑えていく必要があります。

 

女性用育毛剤の購入ルートとして多いのはドラッグストアとネット通販です。

 

サロン用の育毛剤を使用している女性もいますが、女性の育毛サロンは男性ほど普及しておらず、利用者は少ない現実があります。

 

重度のびまん性脱毛症に悩んでいる女性は、一般用医薬品や医療用医薬品の育毛剤を使用するケースが見られます。

まとめ

男性用育毛剤は男性専用のため、女性が使用するのは好ましくありません。

 

女性には合わない成分が配合されていることが多く、育毛効果を発揮できない、頭皮トラブルを招くなどの原因になるためです。

 

男女共用育毛剤は別として、育毛剤は必ず性別に合ったものを使用してください。

 

男性用育毛剤は男性の頭皮に特化しており、オイリーでギトギトした頭皮を解消するために役立ちます。

 

毛穴詰まりを解消して発毛をサポートする作用があり、毛穴が皮脂や汚れで詰まっている男性におすすめです。

 

男性用育毛剤には50以上の種類があり、女性用と比較して作用が強くなっています。

 

ミノキシジルの配合量を見ても、上限値は女性用の5倍にもなります。

 

男性用育毛剤はドラッグストアやサロンなどでも購入できますが、最も薬効に優れているのは医療機関で処方されるタイプです。

 

女性用育毛剤は男性用よりもマイルドで、頭皮に優しい処方となっています。

 

その種類は男性用以上に豊富で、大半は医薬部外品に属しています。

 

男性ほど薄毛が進行しないことが大きく、育毛よりも薄毛を予防する観点に特化した商品が多いです。

 

ただ女性にも男性ホルモン分泌量が普通より多いケースがあるため、そうした人には女性ホルモン様成分を含有する女性用育毛剤が適しています。

更新履歴